NIWAKA俄 正規取扱1級ジュエリーコーディネーターの指輪店.ビジュトリーヨシダ®俄の結婚指輪|婚約指輪

BLOG&NEWS

TOP > BLOG&NEWS > 結婚指輪の歴史22

結婚指輪の歴史22

2021年7月19日

『NIWAKA(ニワカ)』の「婚約指輪」と「結婚指輪」は、なぜ世界的な高評価を得ているのでしょう。『京都・俄(にわか)』として誕生した「結婚と婚約の指輪」が名古屋以北唯一で登場する1996年以来、岐阜のNIWAKA取扱店で選べたカップルはどうして幸せが違うのでしょう。それは、誰もが最高のプロに出会えたら、予想以上の結果を手に入れられるのと同じだと、日本随一の信頼がクチコミされるプロフェッショナルが運営する『NIWAKA(俄)正規取扱1級ジュエリーコーディネーターの指輪店.ビジュトリーヨシダ』には、通算41都道府県から来店して『俄ダイアモンドの婚約指輪』と『俄の結婚指輪』を購入した先輩カップルからの「ふたりがもっと幸せになれました!」と手書きされた笑顔のポストカードが5千通を超えて届いています。

あらためまして、みなさまこんにちは。広報サポーターのスティファニーです。

今回も「結婚指輪の歴史~愛を伝える指輪」についてブログを書いていきたいと思います。

史実の中にも「今日の汝は昨日の我が身、今日の我が身は明日の汝」との戒めを記したのもありました。こうした気分が砂時計、死者の顔、柩などを飾りとする宝飾品や指輪に対する需要を支え、今に伝わる指輪には、ラテン語や英語で「死の時に備えよ、死すために生きよ、自らを知れば神を知るであろう」と記されております。現存する当時の指輪で最も意匠の凝ったものは、ロケットになるベゼルが本の形をしており、表紙の中心に置かれた髑髏の周りにヒキガエルと蛇が群れなし、「人は、死ぬとき、動物と虫の別なく、這いまわるものども受け継ぐ」という聖書の文言を想起させます。内側に目をやると、蓋の裏には眠る子供と砂時計、そして髑髏の上に、これもまた相応しい聖書からの引用がいくつか刻まれております。そこで「婚約指輪」と言えば『俄ダイアモンドの婚約指輪』です。当店では過去に100を超えるブランドやメーカーの「ダイアモンド」と「婚約指輪・結婚指輪」を販売してきましたが、史上最高傑作とお伝えできるのが『俄ダイアモンドの婚約指輪』です。

『俄ダイアモンド』の特徴は、「トリプルセクセレント」と「正方形」を満たす希少なダイアモンドにも魅力がございます。ダイアモンドは繊細な手の感覚を使って形を整えていきます。厳密な数値でプロモーションが規定されている「トリプルエクセレント」のダイアモンドは、トップクラスの職人により研磨されます。

「トリプルエクセレント」の評価を得ながら正方形が正面に見えるようにカットするため、非常に狭い範囲の数値からさらに狭い範囲でのプロモーションが規定されています。

そのため、『NIWAKA(俄)』のブライダルリングは世界中の花嫁から選ばれています。お二人にとって最高となる「婚約指輪」や「結婚指輪」・「セットリング」をご希望の方はどうぞ『俄正規取扱店1級ジュエリーコーディネーターの指輪店.ビジュトリーヨシダ』がお役に立ちます。

お二人のために下見、試着、ご相談は先着順・予約優先で貸し切り対応させていただいていますが、当店での購入を希望される方がたくさんのため残席が僅かな日時も多発しています。お二人にとって一番大事な指輪になりますので、いきなりは当店に来店しないで、事前に空席確認をお願いします。

 

NIWAKA俄正規取扱
1級ジュエリーコーディネーターの指輪店
.ビジュトリーヨシダ®

SINCE 1981

もしも今、このページを見ていても
いきなりは来店しないで、まずはお電話で空席確認を。

お問い合わせはお気軽にどうぞ! 058-328-3003
資料請求 pagetop
  • 0575-22-0655
  • メールでお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ